最終的な候補となる業者選び

一目で比較する為に

同じ条件で見積もりを依頼するのは相見積もりの基本ですが、見積もり書に共通のフォーマットが存在しないが故に相見積もりをして見積もり書をもらっても比較が出来ないというケースもあります。

例えば家のリフォームなどの見積もりの場合、フォーマットが異なることでトータルの金額は比較出来ても箇所ごとにかかった費用を比較することは出来ません。
仮に比較出来たところで具体的にその費用が何を指しているか等専門的な知識がなければ理解は不可能です。
ただ見積もり書を出して、はい終わりではなく疑問はその場で全て解消するようにしましょう。
見積もりを取った全ての業者に同じことを聞いてみるというのもありですね。
その返答次第でも選ぶに値するかしないかの判断が出来ることもあります。

複数は複数でも多すぎは良くない

複数の業者から見積もりを取るとはいえ数が多ければ多いほど良いという訳でもありません。
業者が増えれば増えるほど適正な価格を知る事が出来るようにも思えますが、余程運悪く悪徳業者を連続して捕まえない限りは3社からの見積もりがあれば十分です。

また、業者が増えることによって都度、現地での確認作業や説明作業などの手間が増えることになります。
全ての業者からの見積もりを待っていたら時間がかかり過ぎてしまうので効率を求めているのであれば業者数は最低限に抑え、依頼する業者は地元で評判の良いところや大手の業者などあらかじめ絞って選ぶようにしましょう。
評判の良いところや大手であれば見積もり提示までに時間がかかることはそこまでありません。


この記事をシェアする