無料だとしても配慮は必要

前提条件となるもの

改めて言いますが適正な価格で仕事をしてもらう為、少しでも安く済ませる為に相見積もりは重要です。
一見ただ見積もりをお願いするだけの簡単なことだと思われがちですが注意しなければならないことが幾つかあります。

まず第一に相見積もりを取る際は必ず全て同じ条件で見積もりを取ることです。
当たり前のことですが少しでも条件が異なればそれだけで金額は変わってしまいます。
適正な価格を知る為には必ず同じ条件でなければなりません。

また、適正な価格が分からないとはいえ事前に予算を決めておくことも必要です。
価格を提示されてからでは予算を超えた際など、再度組み直さなければならないので急ぎであればこのようなロスは避けるべきです。

いかなる相手にもマナーを

相見積もりを取った業者全てに対してマナーを守るのは当然ではありますが必要なことです。
基本的に見積もりで金銭が発生することはありません。
その上断られるというリスクがあるにも関わらず時間を割いて金額を算出してくれているので当たり前ですよね。
万が一断る際も最後までしっかりと業者と向き合うことです。
もしかしたら別の機会にお世話になる可能性もありますからそこで終わってしまわないような関係を築いておきたいですね。

相見積もりを取っているということを伝えておくこともマナーとしては必要です。
相手にとって他の業者にも見積もりを依頼しているということは決して良い事ではありませんが相見積もりというものはどこでも日常茶飯事に行われていること。
業者の方もそれに慣れているので気にする必要はありません。


この記事をシェアする